避妊・去勢手術

避妊・去勢手術

気道確保用具と気管チューブ
気道確保用具と気管チューブ
気道確保が必要な処置を行う際に使用します

当院での避妊去勢手術は、特殊なシーリング電気メスで縫合糸の代わりに止血します。

卵巣、子宮や精巣の切除時に縫合糸などを用いず、腹腔内に一切体内で反応する異物を残さない手術を基本としています。

去勢・避妊手術を受けるまで

避 妊・去勢を受ける時期について

生後5ヶ月頃から避妊・去勢手術ができます。
ワクチン接種が済んで予防ができてからの手術をおすすめしています。

手術の予約について

手術は予約制となっております。ご希望の手術日で実施する為にもお早めの予約をお願いします。

その他、確認事項

術前検査:手術の際は全身麻酔を行います。安全に手術が進められるために、術前検査として血液検査などを行います。
緊急連絡先:必ずご連絡のとれる電話番号をお知らせください。

安全な手術のために

  • 気 管挿管
    呼吸が止まった時に、速やかに人工呼吸を開始できるように、気管にチューブを入れておきます。
  • 血管確保
    血管に細いカテーテルを入れておきます。手術中に緊急処置が必要になったときは、そのカテーテルを通して、必要な注射などを行う事が できます。
    また、カテーテルを利用して、手術前から手術後まで静脈点滴を行います。
  • 術前検査
    出来るだけ麻酔のリスクを下げるために、手術前に血液検査・レントゲン・心電図などの検査を行います。
    必要な検査は動物の種類や年齢などにより異なります。

手術当日、ご来院までのご注意

  • 手術の当日の朝ごはんは絶食してください。
  • 朝7時以降は水を与えないでください。

手術当日の流れ

去勢・避妊手術の当日は予約時間にご来院ください。
お迎えのお時間は、男の子・女の子によって異なりますのでご確認ください。
男の子は翌日、女の子は翌日~翌々日のお迎えになります。

病院のご案内
おしらせ
院長ストーリー
病院のご案内
医療設備
予約について
診療カレンダー
ラパスの診療
予防・検診
初診の方へ
避妊・去勢手術
シニアサポート
うさぎetc.の診療
皮膚病について
ラパスの情報
ペットホテル
実習・求人案内
アニマルシェルター
ラパスぶろぐ
よくある質問

高濃度ビタミンC

オゾン療法

スタッフブログ

ラパスの動画

ラパスのメールマガジン

ペットと楽しく過ごすための知恵が詰まったメールマガジンです。
登録は2211@star7.jpまで空メールを送るだけ!QRコードからでもOKです。

ラパス動物病院

住所
〒061-1103
北広島市虹ヶ丘8-2-6
TEL 011-374-2211予約優先

地図

Copyright (c) 2011 LaPaz animal clinic. All rights reserved