予防・検診

予防・検診

動物病院に行くのは、ペットが病気になったときだけ、と考えている方はいませんか?

しかし、「いざ」というとき慌てないためにも、普段から病院とコミュニケーションをとっておくのは大事なこと。動物病院は、診察や治療だけではなく、病気を予防するためのさまざまな情報や手段を得られる場所でもあるのです。

今回は、「健康診断」を通じて、大切な家族であるワンちゃん、ネコちゃんの健康を守る方法を考えてみましょう。

「健康診断」はなぜ大切なの?

検診の様子飼い主さんが動物の不調に気付くのは、外からみてわかる症状が始まったときがほとんどです。人間なら「ちょっと調子が悪いかな?」と思ったら、自分から病院へ行くこともできますが、 動物の場合はたとえ気分が悪くて吐き気があったとしても、それを飼い主さんに訴えることはなかなかできません。そして飼い主さんは、動物が吐いたときに初めて、異常に気づくのです。

動物は、ちょっと見ただけでは何ともないように見えて、実は病気が始まっていることがよくあります。特に慢性疾患と呼ばれる病気では、「食欲が落ちる」 「咳をする」「嘔吐する」といった、外から見て分かる症状が始まったときには、既に手遅れであることも少なくありません。こうした 手遅れを少しでも減らすためにも、健康診断は定期的に受けるようにしたいものです。

動物病院では、健康診断をいろいろな形で実施しています。皆さんの犬や猫に健康診断を受けさせたいと思ったら、まずはかかりつけの動物病院に相談してみましょう。きっと、その子の状態や年齢に応じた診断メニューについて、相談に乗ってくれるはずです。

「健康診断」では何をするの?  何がわかるの?

猫ところで、ひとくちに「健康診断」といっても、実際にはどんなことをするのかわからないというオーナーさん、あるいは、「問診」「触診」程度なら別に必要ないのでは?と考えてしまうオーナーさんもいるかもしれません。

ここでは、一般的な検診の内容を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

実際にはそれぞれのペットの状態や年齢などに応じて、さらに細かい検査が 必要になる場合もありますが、これら基本的な項目で一度カルテを作っておいてもらえば、いざという時、診断の目安にもなるのです。

問診・身体検査

問診ではペットに代わってオーナーさんが、ペットの状態を獣医師に説明します。普段食べているフードの内容や食餌の回数、室内飼育なのか屋外飼育なのか、ほかに飼っている動物はいないかなど、そのペットの基本情報を伝えます。

また、病院を変わったりした場合には、前回のワクチンはいつだったか、避妊や去勢の手術をしているかどうかなどを伝えることも必要です。こうした基本情報を踏まえたうえで、体重が適正か、皮膚の状態や毛づやの様子、目の輝きが健康的であるかなどの身体検査を行います。

糞便・尿検査

便や尿にも健康状態が現れます。普段と様子の違う便や尿をしたら要注意、重大な病気が隠れていないとも限りません。顕微鏡や検査数値でわかることはもちろ んですが、家での排泄の回数や量の変化も重要な情報なので、気づいたことがあれば書き留めて、問診の際先生に知らせましょう。

また便や尿は、病院についてからではなかなか採取できないため、健康診断に行くことがわかっている場合には、直前のものをあらかじめ用意して持参すると良いでしょう。

血液検査

血液検査では、さまざまな身体の状態がわかります。貧血を起していないかどうか、肝機能や心機能は正常か、糖尿病や高脂血症を起していないかなど、ほとんどのことがわかるといっていいでしょう。

また、犬ではフィラリア予防の前に必ず血液検査をしてから予防に入ります。猫の場合は、猫エイズ(FIV)・猫白血病ウイルス(FelV)・猫伝染性結膜 炎(FIP)の感染や、トキソプラズマについても調べることができます。ペットの病気予防と早期発見にとって、血液検査は不可欠な要素といえるでしょう。

レントゲン検査・エコー検査 心電図検査

触診だけではわからない体内の変化を、レントゲン検査では調べることができます。骨折や脱臼などの整形外科的疾患はもちろんのこと、心臓や肝臓などの様子や、腫瘍の発見、腸内の異物の検査にもレントゲン撮影が用いられます。

さらに、レントゲンではわかりにくい副腎や腎臓、胆のうなどには超音波検査(エコー検査)を行います。エコー検査は、妊娠時の検査や子宮の病気の際にも適しています。また、心電図をとっておくと、心臓病の早期発見にもつながります。

病院のご案内
おしらせ
院長ストーリー
病院のご案内
医療設備
予約について
診療カレンダー
ラパスの診療
予防・検診
初診の方へ
避妊・去勢手術
シニアサポート
うさぎetc.の診療
皮膚病について
ラパスの情報
ペットホテル
実習・求人案内
アニマルシェルター
ラパスぶろぐ
よくある質問

高濃度ビタミンC

オゾン療法

スタッフブログ

ラパスの動画

ラパスのメールマガジン

ペットと楽しく過ごすための知恵が詰まったメールマガジンです。
登録は2211@star7.jpまで空メールを送るだけ!QRコードからでもOKです。

ラパス動物病院

住所
〒061-1103
北広島市虹ヶ丘8-2-6
TEL 011-374-2211予約優先

地図

Copyright (c) 2011 LaPaz animal clinic. All rights reserved