うさぎetc.bの診療

うさぎetc.の診療

当院ではうさぎの診療に力を入れています

うさぎ最近になってうさぎをペットとして育てるケースも珍しいことではなくなりました。

それに伴い当院でもうさぎの診察がどんどん増えています。また、ペットして飼われているうさぎの寿命も長くなってきました。

ここ10年程で、うさぎに関する医学情報がかなりの整理されてきました。

当院でもうさぎの診察に関する情報や経験を積み重ねて、日々の診療に活かすような取り組みを以前から行ない、診療体制を整えてきました。

ウサギでよくみられる子宮蓄膿症・子宮腺癌などの診断に有効な超音波エコー装置を積極的に活用しています。また、麻酔管理にはウサギでは非常に難しい気管挿管により呼吸の確保を行っています。

どうぞ安心して当院へご相談ください。

その他エキゾチックペットの診療もお任せ下さい!

モルモット当院ではうさのみならず、犬、猫はもちろん、小鳥、フェレット、ハムスター、モルモット、プレーリードック、サル、カメ、クマ、その他小動物などのエキゾチックペットの診療も広く行っています。

最近ではペットの多様化が進み、小型哺乳類や爬虫類、両棲類、鳥類などを飼われる方が増えてきましたが、そういったエキゾチックペットに対する適切な飼育情報や医療に関する情報は少ないのが現状です。

「エキゾチックペット」とは、一般的にはイヌ・ネコ以外のペットのことを言います。欧米では古くからハムスター、ウサギ、フェレットなどの哺乳類のほか、インコ、オウムなどの鳥類、リクガメなどの爬虫類がエキゾチックペットとして扱われています。

当院では普段なかなか得られないエキゾチックペットの情報も得られるはずです。どうぞお気軽にご利用ください。

病院のご案内
おしらせ
院長ストーリー
病院のご案内
医療設備
予約について
診療カレンダー
ラパスの診療
予防・検診
初診の方へ
避妊・去勢手術
シニアサポート
うさぎetc.の診療
皮膚病について
ラパスの情報
ペットホテル
実習・求人案内
アニマルシェルター
ラパスぶろぐ
よくある質問

高濃度ビタミンC

オゾン療法

スタッフブログ

ラパスの動画

ラパスのメールマガジン

ペットと楽しく過ごすための知恵が詰まったメールマガジンです。
登録は2211@star7.jpまで空メールを送るだけ!QRコードからでもOKです。

ラパス動物病院

住所
〒061-1103
北広島市虹ヶ丘8-2-6
TEL 011-374-2211予約優先

地図

Copyright (c) 2011 LaPaz animal clinic. All rights reserved