皮膚病について

皮膚病について

ワンちゃん、ネコちゃんもアレルギーが起こることがあります。

ペットにアレルギー反応を引き起こす物質はアレルゲンと呼ばれ、花粉・かび・動物の毛・ハウスダスト・ノミ・食べ物など、数多くのものがあります。

このアレルゲンの種類によって、アレルギーの現れる時期は異なり、花粉なら春・夏に多く、食べ物などは年中・・・というようになります。

さらに、複数のアレルゲンによって、よりアレルギー症状がひどく出てしまうということもあるのです。

アレルギー体質の猫人間の場合は、鼻水が出たりしますが、イヌの場合、一般的な症状は強烈なかゆみを伴う皮膚症状です。ネコは人間と同様に呼吸器症状が現れます。 よく体を掻いたり、足をなめたりかんだりしている子はもしかするとアレルギー症状が現れているのかもしれません。

病院にも、アレルギーで悩んでいる子達が多く来ています。症状によって、内服でよくなったり、シャンプーを変えることで改善されたり・・・とアレルギーに対する治療方法はさまざまです。

ワンちゃん、ネコちゃんが毎日をより快適に過ごせるようにしてあげたいですね。

アトピー性皮膚炎になる子が増えています!!

花畑の花粉アトピー性皮膚炎は原因物質の吸引や、皮膚からの侵入により引き起こされます。腹部、眼の周り、手足の指や指間、腋の下、 外耳などが赤くなり、激しい痒みを伴うことが特徴です。[

慢性化するに従い皮膚が肥え厚くなったり、色素沈着や脂漏・紅斑が進んでいきます。原因物質を除去 すること、痒みを抑えることが治療の目的になります。

アトピー性皮膚炎カンタンチェックをやってみよう

以下のチェックに1つでも当てはまったらアトピー性皮膚炎になっている可能性があります!!

  • 皮膚が赤くなっている
  • 皮膚を痒がっている
  • 季節を限定して症状が表れる
  • 動物病院で治療したがなかなか治らない

ステロイド剤に代わる新しい治療法

イヌインターフェロンγ療法
イヌインターフェロンγを注射することにより免疫システムを調整し、痒みの元となるIgEを少なくし症状を和らげます。
シクロスポリン療法
抗原に対して過剰に反応する免疫細胞を抑制することにより症状を緩和します。

病院のご案内
おしらせ
院長ストーリー
病院のご案内
医療設備
予約について
診療カレンダー
ラパスの診療
予防・検診
初診の方へ
避妊・去勢手術
シニアサポート
うさぎetc.の診療
皮膚病について
ラパスの情報
ペットホテル
実習・求人案内
アニマルシェルター
ラパスぶろぐ
よくある質問

高濃度ビタミンC

オゾン療法

スタッフブログ

ラパスの動画

ラパスのメールマガジン

ペットと楽しく過ごすための知恵が詰まったメールマガジンです。
登録は2211@star7.jpまで空メールを送るだけ!QRコードからでもOKです。

ラパス動物病院

住所
〒061-1103
北広島市虹ヶ丘8-2-6
TEL 011-374-2211予約優先

地図

Copyright (c) 2011 LaPaz animal clinic. All rights reserved